年齢とともに低下するコラーゲン生成力

コラーゲン生成能力のピークは?

コラーゲンは加齢とともに量が減っていき、その働き自体も鈍くなっていきます。

 

私たち人間の体には元々コラーゲンを生成する能力というものが備わっていますが
その能力のピークは18歳頃までと言われており、その頃からは
年齢を重ねるごとに生成能力も落ちていってしまいます。

 

 

25歳はお肌の曲がり角!という化粧品のキャッチフレーズを1度は聞いたことがあるかと思います。

 

コラーゲンの生成が鈍ると美肌に重要な新陳代謝も衰えてしまうので
これはあながち間違いではないのです。

 

 

コラーゲンは元々、お互いがしっかりと結びつき強度を高めています。
若いうちは生成力も高いのでよいのですが、年齢とともにコラーゲンが不足してくると
その少ない数を必死に守ろうとしてよりその結びつきを強めようと働きます。

 

「結びつきが強ければいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、肌にとってはそうではありません。

 

 

コラーゲンの強度を高めて結束を強くする分、美肌にとっても大事な
肌水分を追い出すという事に繋がるからです。

 

 

お肌の水分量が少なくなれば、シワやたるみの原因にも大きく関係してきます。

 

これを防ぐためにはやはりコラーゲンを外部などから豊富に摂取することが大切でしょう。

 

 

<PR>
アスタリフトを買う前に読む【口コミ・体験】サイト!

 

アスタリフトのコラーゲンドリンクを実際に飲んでみました!
万能茶
村田園の大阿蘇万能茶をお試しで飲んでみた体験記。ほのかな甘味で子供からお年寄りの方まで毎日の健康茶として気軽に飲める大阿蘇万能茶の飲みやすさや感想などをご紹介。
エニシングホワイト